肺がん名医と症状と治療
   肺がんの名医と症状と治療、生存率、転移など。肺がんの検査や手術についても触れる闘病記です。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんのレーザー治療
肺がんレーザー治療は、副作用や合併症がほとんどないという大きな魅力を持っています。抗がん剤や放射線療法の辛い副作用を危惧している方にとって、重要な朗報でしょう。また、手術のように体を切ることもないため、レーザー治療には心理的な抵抗も少なくて済みます。ただし、すべての患者さんに適用することができる方法ではなく、早期の肺がんの一部にレーザー治療を用いることができるだけです。したがって、希望しても叶わないことがあるのは覚悟しなくてはなりません。

専門医や病院によって、レーザー治療の習熟度は異なりますので、多くの症例を見てきた名医に判断や実行を任せるのが賢明でしょう。光線力学的療法を使えば、レーザー治療の前に光感受性物質を体内に投与しておき、肺がんをレーザー治療で選択的に治療することができます。しばらくは遮光が必要となりますが、抗がん剤の副作用が過酷になる場合に比べれば、はるかに小さな不便でしかありません。

手術や抗がん剤、放射線療法と並ぶ重要な選択肢ですが、問題は早期の患者さんにしか仕えないため、進行した状態で見つかっても実施が難しいということです。早期発見が重要であるとはよく言われることですが、肺がんにレーザー治療を用いることができるかどうかという点においても、発見の時期は大きな影響を持つことになります。初期症状のうちに見つけられれば、生存率の向上や完治の可能性が高まる上、副作用の少ないレーザー治療を用いることができる可能性もあるのです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんと腺がん
腺がん肺がんの中でも最も多く見られるもので、約半数の患者さんが該当します。特に女性の患者さんに多く、男性の場合には肺がんにおける腺がんの割合は40%ですが、女性では70%に上ります。したがって、女性の患者さんの場合には、半数以上が腺がんであるということになるのです。他の組織型としては、小細胞癌や扁平上皮癌、大細胞癌があります。

この中でも、扁平上皮がんと大細胞癌は、腺がんと共に非小細胞癌に分類されます。小細胞癌との違いとしては、抗がん剤や放射線治療の効果が薄いといったことが一例としてあげられます。肺がんで一般的な腺がんの特徴としては、タバコとの関係が強くないことです。ちなみに、扁平上皮癌や小細胞癌はタバコが原因となっていることが多いとされます。

自分がどの組織型に属するかを知ることで、症状の進行の速度や治療の選択に役立ちます。たとえば、肺がんの中でも腺がんは非小細胞癌に属していますので、化学療法や放射線治療は小細胞癌と比べると効果が限定的です。また、小細胞癌や大細胞癌は、症状の進行の速度が高く、小細胞癌は特に悪性度が強いという特徴がありますので、もし該当するなら要注意です。このような組織型についてしっかり把握したうえで、主治医と治療方針を決めるようにしましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん名医を見つけられる病院
肺がん名医は生存率を高めるためには欠かせない存在です。
基本的な治療方法としては、化学療法・放射線治療・手術がありますが、他にも食事療法やホルモン療法を補助的に利用することなどもあり、副作用を抑えながら症状を改善するために最良の方法を見出すことは、簡単なことではありません。
それだけに、知識と経験が豊富な肺がんの名医からの治療を受けることで、治療によって体に無駄な副作用を及ぼすことを避けつつ、完治を目指すことができるようになります。
病気の症状は千差万別ですので、腫瘍のできた位置や、転移の状況によっても処置の仕方は変わってきます。

経験の浅い医師では、いくらがんばって勉強したところで、肺がん名医のようにはいかないものです。
他の職業でもそうですが、仕事を始めたばかりの新入りと、その道何十年のベテランとではまったく働きが違うものです。
多くの患者を診察していれば、癌細胞が転移していく様子を観察する機会は多くやってきますし、カルテだけでは読み取れない心理的な不安や動揺と直面することもしばしばです。
そうした過程を経て、肺がん名医への階段を上ってきて医師と、肺がんに対して特別専門的な能力のない医師とではレベルが違って当然です。

命に関わる病気の治療には、失敗が許されません。
医療ミスは論外ですが、効果のない治療を続けているだけでも、癌細胞が転移したり、大きくなってしまう時間を与えることになりますので厳禁です。
患者の容態を見極めながら、最適な方針を定めて実行していくところが肺がん名医の名医たる所以です。
たとえ一回の診察に掛ける時間は数十分程度でも、その診察を行うためには数年から数十年の期間をかけているのですから、軽く見ることはできません。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん生存率
肺がん生存率を見ると、悲観的な気持ちになってしまうかもしれません。病院によっても異なりますが、全がん協の加盟施設が調査した5年生存率を以下に紹介しておきます。

?期:78.2% ?期:44.5% ?期:19.8% ?期:3.7%

ちなみに、これは1997年から2000年までのデータです。ここから読み取れることは、肺がん生存率はステージが進行するにつれ、確実に悪化していること、?期に至っては、5年以上生存できる人は30人に1人程度しかいないということです。早期発見や早期治療が大切だという話を耳にしたことがある方は多いと思いますが、改めて生存率の数字にしてみると、そのことを痛感させられます。

しかし、検査で発見した時期がステージ?期の段階である場合ばかりではありません。?期以降になってから発症に気付く場合もあります。少しでも肺がんの生存率を高めるために、名医を早く見つけ、十分に話し合って治療方針を定めましょう。手術やレーザー治療は初期の段階ほど有効であり、進行していくと手術を行えない場合も多くなります。そうなると、ますます完治が難しくなりますので、早めの対処が重要です。闘病生活は先手必勝と言えるでしょう。

優秀な名医がいる病院を見つけることは治療の質を高められますが、肺がんの生存率を考える上では、治療を開始する時期も重要です。手術にしろ、放射線療法や抗がん剤による化学療法にしろ、早い段階から行うことが望ましいので、迅速な対処が必要となります。命を危険にさらした状況では、判断にも迷いが生じます。しかし、ただ迷っているだけでは症状は改善しません。生存率を高めるためにも、思い切って英断を下すことが、患者さんには求められます。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん末期と名医
肺がん末期に至ると5年生存率が下がり、治療もままならなくなります。だからこそ、早めに名医を見つけて、より適切な処置を受けておくことが大切です。すでに末期症状であるということは、猶予がないということです。初期症状から肺がんが末期に向けて進むうちの、できるだけ早い段階で検査によって発見しておきたいところですが、すでに末期症状なのであれば後悔するよりも今後の対応に集中する方が懸命です。悔やんでいるだけでは何も変わりませんし、ストレスがたまって精神的に参ってしまうだけです。

それよりも、肺がん末期の患者さんを救ってきた名医がいる病院を探すことの方が、よほど建設的でしょう。いくら名医を見つけたからといって、完治は難しいけーすもありますが、それでも余命を引き伸ばすことや今後の疼痛の管理など、できることはあります。もし回復が難しいということであれば、人生の終盤を迎えることになります。そんな時に治療の質について思い悩まなくてはならないことは残念なものです。安心して医療面を任せることができる名医を見つけておけば、残された時間を最大限に活用して生き抜くことに集中することができるでしょう。

手術やレーザー治療は肺がんが末期に達してからは適用できないことが多くなります。放射線治療も姑息療法として用いるだけで根治を目指したものではなくなるケースが増えますので、どのような方針で対応するかということは、名医としっかり話し合っておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんと筑紫哲也さん
肺がん筑紫哲也さんが亡くなるというニュースが流れました。日本屈指のニュースキャスターであり、ジャーナリストであった筑紫哲也さんが肺がんの手術後に戻ってくると語った時、多くの方が衝撃を受けたのではないでしょうか。そして、復帰を心待ちにしていた方も少なくないはずです。しかし、現実は残酷にも無情な形で幕を下ろしました。症状の詳細については分かりませんが、これだけの有名人ですでの、筑紫哲也さんは肺がんの名医から治療を受けていたのではないでしょうか。その上で避けられないことだったのなら、悔しいですが諦めるしかないのでしょう。ご冥福をお祈りします。

筑紫哲也氏が死去 「NEWS23」メーンキャスター
11月7日18時28分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000583-san-soci
筑紫哲也氏(写真:産経新聞)

 ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日、肺がんのため、死去した。73歳。

 平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。

 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。

  【フォト】病魔と戦った緒形拳さん、がんで急逝

 平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。



癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんの抗がん剤による治療
肺がんに抗がん剤を用いる場合には、1種類の抗がん剤を使いだけではなく、複数のものを組み合わせることが一般的です。これは治療の効果を高め、副作用を抑えることができるためです。

局所療法である手術ほどに完治に向けて癌細胞を死滅させる効果はないものの、肺がんに抗がん剤を用いることで全身療法としての効果があるため、抗がん剤は転移が認められる場合の有力な選択肢になっています。

非小細胞肺がんに使う抗がん剤としては、ナベルビン、パクリタキセル、ドセタキキセル、ゲムシタビン、塩酸イリノテカンなどがあり、小細胞肺がんの抗がん剤としてはシスプラチン、パラプラチン、エトポシド、塩酸イリノテカンなどがあります。

抗がん剤に伴う副作用を緩和するために、専門医に相談すれば食後に横にならずに座ったままで休む、氷を舐めるなどの処置を指導してもらえることもありますし、副作用を緩和する薬を処方してもらえることもあります。1人で抱え込むよりも、専門医に報告して、病院にサポートしてもらうようにしましょう。

限界まで我慢して気力を失ってしまったのでは、その後の治療にも支障になりかねません。それよりも、抗がん剤の副作用がひどければ相談を持ちかける、効果に疑問があるのなら質問するといったように、気になることは遠慮せずに専門医に話し、風通しの良い状態を作っておくようにしてください。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん検査を受けるべき人
肺がん検査を受ける必要が特に強い人としては、40歳以上の男性や、タバコを吸う人が挙げられます。これらの条件に当てはまると、発症リスクが高まることが原因です。したがって、定期的な検査を受けることによって、初期症状のうちに発見できるようにしておきましょう。

罹患率や死亡率を見ると、年齢では40歳から増え始めます。また、性別では男性は女性よりも肺がんにかかりやすい傾向があるので、検査を受けておく必要性が高まります。タバコは発症の原因となっていますので、タバコを吸う方は特に注意が必要であると言えるでしょう。

検査を受ける手間を惜しんだばかりに、末期になるまで気付かず、発見された時には満足な治療も行えないというのでは、救いがありません。肺がんの検査を受けておくことで、健康管理に役立ててください。

初期の段階で見つかれば、完治させることができる可能性も高まります。手術によって癌細胞を切除することが有力な治療方法ですが、転移や症状の進行によっては、手術を行えない場合もありますので、肺がんを検査によって早期発見することは、治療法の選択肢を確保するうえでも重要な意味を持ちます。

肺がんの検査としては、レントゲン検査や痰の細胞検査、気管支鏡検査や穿刺吸引細胞診、各種の生検、縦隔鏡検査、胸腔鏡検査があります。気管支鏡検査は痰がでないために細胞検査が行えない場合に、気管支鏡やファイバースコープを使って細胞を採取します。その後、取り出した細胞を顕微鏡で観察する生検を行います。

穿刺吸引細胞診では、気管支鏡が届かない場合などに、肋骨の間から針で病巣の細胞を取り出します。各種生検としては、CTガイド下肺針生検や胸膜生検、リンパ節生検があります。CTガイド下肺針生検では、CTを用いて病巣の位置を把握します。胸膜生検は文字通り胸膜の一部を採取するもので、リンパ節生検はリンパ節から細胞を採取します。

縦隔鏡検査は縦隔鏡を挿入して器官周囲のリンパ節や腫瘍を採取します。胸腔鏡検査では、胸腔鏡という内視鏡を使って、肺や胸膜、リンパ節を採取します。

これらのすべてを行うのではなく、必要なものを組み合わせることになります。肺がんを早期発見することが出きれば、完治の見込みや生存率、治療後の予後の見通しなども良好になります。定期的に検診を受けにいくことをお勧めします。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 吐き気がひどい時には
肺がん吐き気がひどい場合には、抗がん剤の副作用によることが多いのですが、中でもシスプラチンは吐き気を誘発することが多い薬剤です。ただし、制吐剤を用いることによって、初期の吐き気は緩和させることができますので、以前と比べると副作用は緩やかなものになっているということができます。

ただし、初期の症状を抑えることはできても、持続的に制吐剤の効果が保持されるわけではありません。したがって、肺がんの患者さんにとって、現在でも抗がん剤の副作用は大きな問題として残っています。治療の効果を考えると化学療法は有用ですが、体に負担をかけていることも事実です。

あまりに副作用がひどい場合には、ジェムシタビン、パクリタキセル、ドセタキセル、イリノテカンなど他の薬剤への変更も検討する必要があります。そのため、専門医とコミュニケーションをしっかり取って、現在の体調について把握しておいてもらいましょう。副作用がはっきり出ている場合、その点にばかり注目してしまいがちですが、治療効果として貢献している部分もありますので、予後のことを考えると一時的に無理をすることが後になって良かったということもあります。

化学療法は全身療法であり、局所療法である手術や放射線治療、レーザー治療とは性質を異にしています。そのため、転移の状態等を含めて考えた時に、化学療法が症状改善のために不可欠であるケースがあります。したがって、上手に取り入れていくことは重要なことです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん闘病記を読んでみました
肺がん闘病記を多く読んでいく過程で、自分の知識や見識がいつの間にか深まっていることに気付きました。
医師からの説明は自分の症状がどうなっているか、そして今後どのような治療を行っているかを見込んでいく上で重要な指針になります。
しかし、それは医師という立場から見た見解でしかありません。
患者側から見た側面が見えてくるのが肺がん闘病記です。

専門的な知識は医師が多く持っているのは当然のことですし、名医であればなおさらです。
その点では、患者は受け身に回らざるをえません。
しかし、現実問題としてストレスや痛みを抱えているのは患者であり、肺がん闘病記によってそのことが明確になるのです。
もちろん、頭ではそんなことが分かってはいても、長引く闘病生活によって気持ちはすり減ってきます。
まるで自分1人が苦労を背負わされているかのような被害妄想に陥ってしまうことも仕方ありません。

肺がん闘病記によって、同じ境遇で健康を取り戻すために戦っている人がいることを知ると、不思議と孤独感が拭われて勇気が湧いてきます。
理性では解決できない課題を人間の心は抱えています。
世の中から1人取り残されたような辛さを感じているなら、それを取り除くことが必要なのです。
そのためにも、肺がん闘病記で情報や気持ちを他の患者さんと共有してみてはいかがでしょうか?

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん名医の治療で一命を取り留める
肺がん名医から治療を受けることで、末期と診断されていたにもかかわらず根治したり、一命を取り留めたりといった事例は枚挙にいとまがありません。
なぜこのようなことが起きるかと言えば、主治医の影響力によって生きるか死ぬかが左右されるからです。
治療を中心となって行うのは主治医なのですから、肺がん名医が担当してくれれば、本来の生命力や回復力を十分に引き出し、癌細胞が転移するのを防ぐことができます。
対照的に、ヤブ医者が主治医になることによって、本来なら改善できた症状を悪化させ、取り返しのつかない事態を招きかねません。

患者は闘病生活を送る主体ですが、医療の専門家ではありませんから、その点は医師に任せることになりますので、医師の過ちは命取りになります。
自分の健康を託す相手だからこそ、肺がん名医を主治医に迎えることが求められます。
人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出していますので、呼吸器に問題があれば生きてはいけません。
息ができなくなってしまえば、数分間で息絶えてしまうことからも分かるでしょう。

たとえ肺がん名医が見つからなくても、すぐには命に別状があるわけではありませんが、長期的な視野に立った場合に問題が残ります。
簡単な手術で腫瘍が取り除けるという初期の段階でステージであれば、それで解決するかもしれません。
その場合、必ずしも肺がん名医が執刀しなくてはならないというわけではありませんが、執刀医に求められる最低限の実力はあります。
難解な手術ではないといっても、術中に新しく腫瘍が発見されることもありますし、そんなときに名医が立ち会っていれば柔軟に対応することを期待できます。

治療を始めるために、肺がん名医が必須というわけではありませんが、長年かけて積み上げてきた実力を味方につけることができるのですから、放っておく手はないでしょう。
たまたま通うことになった病院にすべてを託すというのも何かの縁かもしれませんが、そんな基準で命を賭けられるでしょうか?
闘病生活という初めての経験い、主治医選びまで頭が回らなかったという人もいるでしょうが、命ある限り手遅れということはありません。
これから肺がん名医を探し始めたとしても、それが無意味ということにはならないはずです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 峰岸徹さんと肺がん
峰岸徹さんが肺がんによって亡くなりました。春に告知を受けたばかりということですが、峰岸徹さんの場合、発見が遅れたのか、それとも告知をしていなかっただけなのかは分かりません。しかし、治療によって峰岸徹さんが肺がんを克服できなかったのは残念なことです。

肺がんは、日本人の死因として多い病気ですので、峰岸徹さんの死は他人事ではありません。早期発見のためにも、定期的な検査を受けることが大切です。また、タバコは発症リスクを高めるため、タバコを吸う方は、よりいっそうの注意が必要となります。

峰岸徹さんが肺がんで亡くなったことを教訓に、健康管理について考え直すきっかけにしてもらいたいと思います。健康診断を受けていない方は、1年に1回は検査を受けるようにすることをお勧めします。

<訃報>俳優の峰岸徹さん 肺がんのため死去
10月13日2時31分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081013-00000012-mai-soci

 映画やドラマで活躍した俳優の峰岸徹(みねぎし・とおる<本名・知夫=ともお>)さんが11日深夜、肺がんのため死去した。65歳。今春、がんの告知を受け、6月に予定されていた舞台出演を降板し治療に専念していた。

 峰岸さんは東京都出身。大学在学中の62年に映画デビュー。渋い脇役として数多くの映画や舞台、ドラマに出演した。

 映画では「廃市」「あした」など大林宣彦監督作品の常連として知られる。監督の新作「その日のまえに」(11月公開予定)にも出演。また現在公開中の映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督)に主役の本木雅弘さんの父親役で出演。ドラマでは「高校教師」でヒロインの父親役を演じ話題になった。



癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんが末期症状になる前に
肺がん末期症状に至るということは、それだけ統計的な意味での生存率が下がっていくことになります。5年生存率を見ても、病気(ステージ)が進行するごとに数値は低くなっています。

初期の頃とは異なり、肺がんが末期になる頃には、すでに他の臓器への遠隔転移が進んでいることが多いという事実も見逃せません。完治に向けて効果的な治療は手術療法ですが、病巣が広まってしまうことによって、手術では切除しきれなくなります。手術を適用することができなくなることもありますし、手術をしても再発の確率が高まります。

したがって、できるかぎり肺がんが末期症状を呈する前に発見し、治療を行っておくことが重要なのです。特にタバコを吸う人は、それだけで発症のリスクが高いのですから、意識的に検査を受けにいくという対処を行うことが必要です。

人間は健康を当然のものと錯覚しがちですが、末期に至ってから反省したところで後戻りはできません。事前にどれだけの対策を打てるかが、本質的な勝負になるのです。

現在の医療水準では、肺がんが末期症状になれば完治は難しいことの方が多いものです。したがって、治療の目的も余命の延長などに限られてきます。治療よりも予防が大切とはよく言われることですが、予防と並んで早期発見も重要な要素なのです。

病気(ステージ)が少しでも初期症状に近い段階で見つけることができれば、命を安全に保つことにつながることを忘れないで下さい。末期に向かうことは、車が崖に向かって疾走しているようなものです。すでに崖から車体が乗り出して傾いている状態では、転落を免れる術がなくなってしまうように、手遅れということがあるのです。

もちろん、肺がんの末期症状を克服したという人もいますので、絶望する必要はありません。むしろ、気力が衰えれば免疫力や回復力がなくなってしまうので、どのような場面であっても気をしっかり持つことは大切なことです。そうした場合には、名医としっかり話し合い、現実を見据えた上で最善の策を講じましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がんの初期症状はここに注意
肺がん初期症状のうちに見つけるためには、定期的に検査を受けておくことと、正確な知識を持つことが欠かせません。初期症状を見逃さなければ、悪化しないうちに治療を行うことができるため、完治に向けて大きな足がかりになります。

まず、肺門型肺がんの初期症状としては、咳や痰が続くことや、血痰が見られます。このタイプは圧倒的に男性に多く発症しますので、タバコを吸う男性は注意してください。また、悪化すると閉塞性肺炎を起こすことや、気管支が塞がすことで無気肺になって呼吸困難になることもあります。

肺野型肺がんには初期症状として自覚できるものがほとんどなく、進行すると胸痛や疲労感、食欲不振、体重減少などが出るようになります。この肺野型の場合、意識はしていなかったものの、検査によって見つかるということもあります。

転移が起きると、骨に転移した場合のその箇所の痛みや、脳に転移した場合の頭痛や嘔吐、麻痺などが起きることもあります。こうして転移が起きる前の肺がんが初期症状にとどまっているうちに発見することが、生存率を高めるためにも欠かせません。

だからこそ、たとえ初期症状に心当たりがない場合であっても、定期的に検査を受けておくことが大切なのです。健康を守るためにも、体調をチェックして異常がないかどうかを確かめることを怠らないで下さい。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 症状別肺がん治療
症状によって肺がん治療の方法は大きく変わってきます。
早期発見に成功しているのであれば、比較的副作用の少ない抗がん剤や自然治癒などの方法を採用することもありますし、逆に末期であればすぐにでも名医に手術をしてもらう緊急性を伴うこともあります。
放置しておけば転移を伴う病気だけに、症状別に肺がん治療は違いが生まれます。

頻繁な検査の重要性はマスコミ等によっても説かれているところですが、転移が始まる前の段階で対応を始めれば、それだけ生存率を高めることができます。
手術のような肉体的にも精神的にも大きな負担を強いられるようなものよりも、できれば体に優しい自然治癒などで済ませられれば幸いでしょう。
症状別に肺がん治療の累計をまとめたリストです。

基本的な処置の方法を知っておけば、患者としても自分の主治医が信用に足りる人物であるかどうかを計る指針として重宝するのではないでしょうか?
生存率を高めるためには、他人任せの態度ではいけません。
自らの責任と行動を持って、症状や肺がん治療について調査を行い、名医を探したり生存率の高い患者の共通点を考察してみたりといったことが望まれるでしょう。

もちろん医師は医学のプロフェッショナルであり、患者は素人なのですから、そこには知識や経験において大きな差があることは認めざるをえません。
だからこそ、名医に様々な疑問点を相談し、時には意見をして十分に納得するということが求められます。
自分の体なのですから、症状や肺がん治療についての情報を提供してもらうことを遠慮することはありません。

どのくらいの生存率があるのか、転移の状況はどれほどなのかといった疑問は内に秘めているのではないでしょうか?
納得するということは、それ自体がストレスを緩和し、体にも良い影響を及ぼします。
当然のことですが、症状は肺がん治療に大きな影響を与えるものですので、場合によっては大きな方針転換を余儀なくされることもあります。

たとえば、転移が認められずに生存率も高いとみなされていたのに、改めて検査をしてみたら転移が認められ、緊急手術が必要になるというケースもあります。
方針転換が遅れれば、命取りになりかねません。
リードしていくのは担当医であるにしても、患者自身が自分の症状と肺がん治療についての知識を持っておくことで、少しでも生存率を上げるべきです。

生存率が高まることによってもっとも恩恵を受けるのは患者自身にほかなりません。
だからこそ、自助努力も求められるのです。
再び健康な暮らしを取り戻すためにも、症状に合った肺がん治療を受けて転移を防ぎ、末期になる前に食い止めましょう。

もっとも、口で言うほど現実は一筋縄ではいかないのも事実でしょう。
病気以外に問題が起きることも珍しくはありませんし、お金の問題が発生することだってあります。
そもそも症状にあった肺がん治療簡潔にまとめられたところで、それが具体的にどのようなことなのかが分からなくて途方に暮れているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まずは自分の主治医に相談してみることを考えてみてください。
その際に、心から信頼を寄せられる相手かということも今一度見直してみるとよいでしょう。
ひょっとしたら大した技量がないのではないかという疑いを持っているのなら、名医ランキングを参考にして本当に命を託すことができる医師を見つけることを検討してください。

子供の頃に二人三脚という競技を運動会で行った経験があるかと思いますが、お互いの息が合わなければ足の引っ張り合いになってしまうだけで、ちっとも前に進みません。
そうしているうちに体力を消耗してしまい、足の遅いクラスメート同士のペアがすでにゴール直前だったりします。
この二人三脚は症状に適した肺がん治療を受ける際の医師との関係と似ているところがあります。

一方が自分勝手に独壇場であるかのような立ち振る舞いをしてしまえば、本来よりもずっと進行は遅れていきます。
反対に協力的な関係を築ければ、すいすいとゴールに向かって進みます。
看護士や助手の存在まで含めれば、二人三脚を発展させた30人31脚に近いのかもしれません。

テレビ朝日で放送していた30人31脚は、小学生がクラス単位で出場していましたが、もはや相手との間合いの取り方というレベルで済む話ではなく、全員が同じ目的に向かって息を合わせて走っていかなくては成功しないという競技でした。
新記録を出すと、子供達がやりきったという充足感を表情に浮かべていたのが印象的です。
症状を肺がん治療で改善しようとしたら、その集団競技の参加者の中に患者もいるのです。
決して、医師や看護士といった病院関係者だけではありません。

医師は叱咤激励を送るコーチであり、俊足の足を持ってチームを引っ張るエースのような存在でしょう。
時として症状と肺がん治療について鍵を握る存在が患者の場合もあります。
同じ方向へ向かって疾走するためにできることを、自分のレベルで考えていくことが大切なのです。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 肺がん検診で意外な結果に
肺がん検診を受けた際の思いがけない出来事について。
特別、健康に気を遣っているというわけでもないのですが、親戚の勧めで病院まで足を運ぶことになり、休日がつぶれてしまうという不満がありながらも、年齢を考えれば少しはこうして病気に備える必要もあるのかと自分に言い聞かせていました。
確かに20歳前後の若者のようなすがすがしさも感じなくなっていますし、すっかり中年と呼ばれる世代になっているのですから、いい加減若いつもりでいくわけにもいきません。

今回がはじめての肺がん検診となりました。
体が不調を訴えているというわけでもありませんし、呼吸器に問題があるという認識もなかったので、形式的に済ませておけば安心感が得られていいだろうというぐらいのつもりでした。
症状が発見された、そこから治療や手術が始まるなどということは考えもしませんでしたし、深刻な悩みがないからこそ、保険のつもりで気軽に受けてみようという気持ちだったのです。

それにもかかわらず、病院で告知された結果は肺がんの検診で疑わしい点があるので再検査というものでした。
もしかしたら生命が危険にさらされているのかもしれないという不安に駆られました。
数ヵ月後には引越しの予定があり、徐々に引っ越し先のエリアも絞り込んでいたところでの、意外な問題発生です。

闘病記などというものは読んだことがなかったのですが、仕事帰りに書店に足を運んで購入してみました。
ベッドの枕もとに置いて少しだけ就寝前に読むつもりだったのですが、気持ちが落ち着かずに睡眠不足になるまで読みふけってしまいました。
病気かもしれないのに睡眠不足なんてしゃれにもならないとは分かっていても、誰かが部屋の外から呼びかけてくるような感覚で、少しも眠気がやってこないのでした。

肺がん検診の結果が出るまで気が気ではなく、夜は眠れないのに、昼間はその分睡魔が襲ってくるという悪循環に陥ってしまいました。
仕事の効率も当然落ち、それがいらだつ原因になっているのか、不安が反動として現われているのかも判然としなくなっています。
自分の呼吸器に問題がないかを確かめるために、デスクワークをしながら深呼吸をしてみて、空気が漏れているような音がしないか耳を澄ましてみました。

大した病気にかかったこともなく、もちろん治療に暮らしの大部分を費やした経験などない身においては、闘病記を読んでもその本質はイメージできないというのが本音でした。
肺がんの検診は症状に思い当たる人が引っかかるもので、仮にも健康体だと認識していた自分が引っかかるなどとは予想もしていなかったのです。
年齢に意識が付いていっていなかったところがありましたし、どこか調子に乗っていたのでしょう。

健康は当たり前に維持できるものだという思い上がりがありました。
空気のように大切なものほど、失ってからその重要性に気付かされると言いますが、まさにそんな気分です。
健康診断すら受けに行きたがらない若手社員を見ていると、説教じみた忠告のひとつもしてやりたくなってしまいます。
すっかり年よりくさくなったと苦笑しながら、それが年齢に相応なのかとも感じています。

本来的には、呼吸器の中でも中心的な役割を果たす肺の健康を確かめるために検診を受けに行っていたのですが、まさか癌に冒されているなどとは思いもしなかったことです。
急に浮き足立った暮らしが始まり、できるだけ後に回せるものは手をつけたくはありませんでした。
判断力や冷静さを失った今、行動を起こせば次々に過ちを招き入れてしまいそうな気がしたからです。

世間に声を大にして言いたいのは、一定の年齢を超えたら肺がん検診は定期的に受けておいたほうがよいということです。
働き盛りの世代は、自分の体力の衰えを疲れやすさや筋力の衰退で感じがちですが、生命を揺るがす重病にかかる確率も高まっているという危機感を持たなくてはなりません。
これは自分が経験者になったから言えることで、かつては治療や手術など別世界の話ぐらいにしか思っていませんでした。

立場が変わると世界観も変わるもので、もう引越しなどは無期限の停止状態に入り、今は治療に専念できる環境作りに集中しています。
経済的な事情を考えると、肺がん検診で思わしくなったから会社を退職して悠々自適に暮らすことなどできるはずもなく、仕事は続けていく予定でいます。
こんな時にまで働かなくてはならないことに忌々しさを感じたものの、毎日自宅からどこにも出掛ける用事がなくなったのでは、かえって気分が塞ぎこんでしまいそうで、むしろ幸いだったのかもしれないという気持ちも芽生えました。

デスクワーク中心の業務なので体力を酷使するようなことはありませんし、社内でちょっとした力仕事があるときでも、若手社員が担当してくれるので、私が出る幕はありません。
会社に行く時間が決まっているおかげで、毎日同じ時刻に目覚し時計をセットして規則正しい生活を送れているので、会社は辞めない方が健康的に暮らしていけるものなのかもしれません。
深い考えはないものの、漠然と定年まで勤め上げるのだろうと予測していた会社だけに、今の状況にもそれほど抵抗はありません。

もっとも、熱烈な愛社精神によって会社に忠義を尽くしているというより、もう転職をするような年齢でもないし、今さら転職先を探したところで新しい環境になじむために苦労するだけだろうという打算でそのような結論に至っていただけです。
肺がん検診がなければ、無重力にある振り子のように、毎朝通勤電車に揺られて出勤するという暮らしを延々繰り返していたことでしょう。
今だって、治療費や生活費に困らなければ、辞表を出してもいいとは思っています。

現実には大した貯蓄もなく、早期退職制度も整備されていないわが社の規定で退職したところで、じきにお金が底をつくことは分かりきっています。
だからこそ、肺がん検診の結果に関わらず、仕事は続けていかなくてはいけません。
肩書きや職業を失うことはそれほどの拒絶感はないのですが、先立つものがなくては自由には暮らせないようです。

もし症状が思っているよりも深刻で、治療に専念して暮らさなくてはならないと告げられたらどうしようという心配もあります。
抗がん剤を投与するだけで、手術などはないだろうという淡い期待を今でも抱いているのですが、その願望が成就するという見込みがあるわけでもありません。
そもそも肺がん検診に引っかからなければ今ごろ新しい物件を見つけて、引越しの準備に取り掛かっていてもおかしくはないのですし、この時点で自分の運命に対するコントロールが利いていないことは認めざるをえません。

ただ、これはあくまで始まりであって、今までのライフスタイルが貫けないことは大した出来事ではありません。
肺がん検診をきっかけに健康に対する見方について再考することができ、有意義な面もあります。
検査など面倒だとは思いますが、自分の体の状況を知るためには、やはり医学の力を借りて調べてみることが必要です。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 適正な肺がん生存率
一般的な肺がん生存率を知っておくことで、現実離れした数字を出してくる病院を見抜きましょう。
名医の治療や手術を用いることや、最先端の器具を使って検査を行うことにより、通常よりも高いパフォーマンスを示すことは可能でも、あまりにもかけ離れた結果を出してくるとなると、嘘が入っているか、統計の取り方にかたよりがある可能性があります。
つまり異様に高い肺がん生存率は、魅力的ではありますが裏がある恐れが大きいということです。

あなたが知人から、野球のボールを時速200キロで投げられるとか、100メートルを8秒台で走れると聞いたら、それを信じたりはしないでしょう。
あまりにも優れた結果というのは、なにか罠が待ち構えているのだろうと警戒するのが当然の反応で、それは肺がん生存率についても共通しています。
100%完治するということであれば、誇大広告の匂いがぷんぷんします。
いくら名医であっても、症状が悪化して転移が進んでしまった患者に対しては、何もできないことだってあります。

そのような重病患者は他の病院に押し付け、比較的症状の軽い患者だけを選んで治療しているということなら話は別です。
何もしなくてもあと1年は生きていられる患者が一両を受けてから半年間、肺がんで亡くならなかった場合の生存率が100%というのなら、そこに嘘はないでしょう。
ただ、何の参考にもならない前提のもとで集計したデータを、誤解を招く形で公表している神経や経営姿勢が疑われるだけのことです。

あるいは、極端にすくないサンプル数であるために、適切な肺がん生存率が出ないこともあります。
たとえば、5人の平均値を取ったところで、個人差があるので大きく適正値からはかけ離れることになっても不思議ではありません。
さらに人数を減らして3人から統計を取ったとなれば、なおさら肺がんの生存率として参考になる度合いは下がります。

統計学的な観点から参考値となるだけの人数を割り出してから発表するべきだとまでは言いませんし、病院側でも口頭で患者に回答しているだけのこともありますので、そこまでの調査をしてはいないのでしょうが、常識の範囲でおかしいと思うほどいい加減な数字を伝えるのはどうかと思います。
仮にも医師であれば、医大に入るときには難関入試と突破してきただけの頭脳があるわけですから、簡単な算数ができないはずはありません。
それであれば、肺がんの生存率を患者に教える時にも、誠意のある方法で抽出された結果を回答してほしいのです。

患者を集めるために、意図的に見せ掛けをよくした数字を使っているというのなら言語道断ですが、そうではない時であって、あまり額面通りに受け取ってほしくないという事情があるのなら、それを伝えてくれればいいはずです。
あまり症状が進行していなくて、転移も見られなかった人の平均値なので、実際には肺がんの生存率はもう少し下がると言ってもらえれば、そういうものかと納得することもできます。
その一言が抜けてしまうと、下手をしたら詐欺ではないかという事態に発展するのです。

病院側が誠意をもって発表したものの、たまたま裏目に出てしまったということなら、まだ罪は軽いのですが、確信犯的に行っている場合もありますので、患者としては注意が必要です。
本当に公表されている肺がん生存率が達成されているのかどうか、自分の目で確かめるわけにはいかなくても、一般的な水準とかけ離れていないかという視点で見ることは可能でしょう。
そのためにも、標準的な生存率についての知識を持っておきたいところです。

無知であるということは、それだけ判断力が低下するということですし、駆け引きを行う際にも不利に働きます。
相手の持っている作戦はまるで見えず、向こうからはこちらのやろうとしていることが透けて見えるというのでは、初めから勝負になりません。
肺がん生存率は医師や病院の治療のレベルを計る重要な尺度ですから、それに対する感覚を身につけておくことは、医師とのやり取りを安心して行うために必須です。

名医がいることを示したいがために、標準的な割合よりも大きく上乗せした数字を掲出しているとしたら、その根拠を探ることによって本質的には虚構の産物であることを見破ることができることがあります。
症状によっても肺がんの生存率は変わってきますし、転移が進んでいるのなら、それだけ下がります。
どのような患者から統計を取ったものであるかが不明確であるというのは、この点において大きな不都合があるのです。

結果を表示するのは大切なことですし、大いに患者として参考になるのですが、そこに至るまでの過程もまた、あわせて公表してもらいたいものです。
物事には原因と結果がありますから、結果がおかしいとしたら、原因がどこかに潜んでいるはずです。
極端に良い肺がん生存率を見つけたとき、飛びつく前に原因を探るだけの冷静さを持ち合わせることができれば、それによって適切な病院選びをできる可能性は高まるでしょう。

主治医や病院は肺がんの生存率に大きな影響を与える存在ですから、慎重に選択することが大切です。
その際に示される生存率等のデータについても、頭から正しいと信じるのではなく、もしかしたら集計の方法が違うから数字の違いが生まれているのかもしれないという疑問をもち、それを追求することにより、実態に近づくことができます。
本当に名医がいて治療や手術のレベルが高いと確信できれば、その病院に命を預けてもよいでしょう。

反対に、調査によって利益優先の経営方針やずさんな治療実績が露呈するということもあります。
参考にしそうになった肺がんの生存率がまったく役に立たないもので、治療の前に気付いて助かったということもありえますので、自分の頭でしっかり考えることです。
治療や手術をどの病院で行うのか、この重要な選択には全力を尽くして臨みましょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

 大気汚染が肺がんの原因に
大気汚染が肺がんの原因になることは当然のことではあるものの、毎年3万人以上のペースで増えているというのは、中国の暗い現状を浮き彫りにしているものといえるでしょう。原因となる空気の汚染は国境を越えるものなので、日本も他人事ではありません。

肺がんの原因はタバコなど、自分で気をつけられるものもありますが、こうして空気が汚されてしまえば、そこに住んでいる人は逃げることもできません。肺がんになってから文句を言っても手遅れですし、環境問題が健康に害を与える原因になっているということが、この調査で改めてはっきりしていると言えるでしょう。

日本でも、死亡者数が多いだけに、肺がんの原因をいかにして取り除き、予防に努めるかという問題は、もはや一国だけの問題ではなくなってきていると言えるでしょう。中国では、農村よりも都市部の方が、発症率が高いと言いますが、経済の格差などを考えると、それでも都市部を選ばざるをえない人も大勢います。

症状が出るまでは、目先の問題に追われて健康をないがしろにしてしまうのは、世界中、どこの国でも共通していることでしょう。だからこそ、政府が大気汚染の予防に必要な措置を取ることも必要になってくるでしょう。

日本においては、アスベストの管理が問題になりましたが、これも発症リスクを高め、肺がんの原因となっています。こうしたことが起きてしまえば、個人では不可避な事情によって被害を受けることになってしまいます。こうした点からも、環境を保全することは、健康を守る上で大切なことであることが伺えます。

肺癌が年に3万人以上増加、空気の汚染度に比例―黒竜江省
10月7日17時58分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000025-rcdc-cn

6日、黒竜江省では肺癌患者が毎年3万4000人のペースで増加していることがわかった。資料写真。

2008年10月6日、「ハルビン新聞網」の報道によると、「第4回中国抗癌協会黒竜江省肺がん学術研究討論会」で、黒竜江省では肺がん患者が毎年3万4000人のペースで増加していることが明らかにされた。「新晩報」が伝えた。

ハルビン医科大学のある教授は「空気汚染の激しい都市部では、農村よりも肺がんの発症率が高く、空気の汚染度と比例の関係にある」と指摘する。 【その他の写真】

また、「ベンゾピレンという発がん性の強い物質が、ディーゼルエンジンの排気ガスなどだけでなく、料理の際の煙やタバコの煙などにも含まれており、室内の空気汚染も無視できない。特に女性の肺癌の発症原因になっている」と語り、「日常生活の中で、空気汚染のひどい場所に長時間留まることを避けたり、冬でも室内の換気に気をつけること」と注意を呼びかけている。(翻訳・編集/HA)



癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食事療法

copyright © 2005 肺がん名医と症状と治療 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。